西陣麦酒始動☆

西陣麦酒計画

~自閉症の人とともに西陣麦酒を醸造・販売するプロジェクト~

http://nishijin-beer.com/


最新のブログ

2018年

1月

24日

記憶頼り

 自閉症の方の特徴のひとつに、想像力の苦手さがあるということは、よく言われていると思います。

 そして、何らかの事や、行動に固執することが多いのは、この想像力の苦手さが原因のひとつではないかと言われています。

 自身が経験し、よく理解している事や、行動を行うことで、安心を得ている(というよりは不安を取り除いているのでしょうか)ということがあるようです。

 HEROESを利用されている方の中にも、上記のような特徴をお持ちの方がいらっしゃいます。

 この方は、あらゆる場面(食事、トイレ、休憩、作業、帰りの準備、送迎車の乗降etc.)において、ご自身の決まったやり方をお持ちです。

 そして、その行動は極めて細かいところまでパターン化されているように見受けられます。

 例えば、普通に行えば1分もかからない醤油のたれびんのふたを閉める仕事を、この方は30分以上かけて行います。

 たれびんの置き方、ふたの置き方を気にし、ふたを閉めては外し、また最初から。全部終わったかと思うと、終わった仕事を10分以上眺め、再度たれびんを一つ一つ取り出しては、それで作業机の決まった位置何ヵ所かをトントンと叩く…

 

 この時点で、この方が不安を抱いていることは想像できますが、もう少し深刻な問題は、このような細かい行動の全てを記憶のみに頼って行っているということではないかと思います。

 おそらく頭の中は細かい記憶でいっぱいになっているのでしょう。

 そしておそらく、その記憶を留めておくには相当な労力がいるでしょうし、さらにその記憶を随時引っ張り出して、実行しなければなりません。

 とてつもなくしんどいことを常に行っているのだと思います。

 

 ずっと頭に留めておく必要のない記憶を何とか、別のもの(視覚的なツール)に置き換えて、安心して忘れられる状況を提供したいと思うのですが、、、

 

 私たちは、例えば加湿器の水の入れ方を忘れてしまっても、説明書を見ればわかるということを当たり前のように知っています。だから安心して、忘れることができます。

 

 しかし、私はそのことを、この方に伝えられていないのです、、、

 

牧得生

2017年

12月

24日

☆スケジュール☆

☆スケジュール☆

とある休日、友人とお芝居を見にいきました。

好きな俳優さんが出演する舞台でしたが、今回は難解なシェクスピア演劇。

シエイクスピア演劇と言うイメージだけで、長時間なのかな~と不安は募ります。

間もなく、劇場到着。

すると、入り口にタイムスケジュールが掲示されているのを発見!

また、座席には出演者の人物相関図も配布されていました。

おかげで、開演前に出演者の確認ができ、途中休憩がある事や終わりの時間も把握でき、お芝居についてイメージも持ちやすく、無事鑑賞する事が出来ました!

その後、新年に向けて新しい手帳を探しに行きました。

この時期、色々な種類の手帳がいっぱい、どれにしようか?と、毎年迷います。

で、迷いに迷い結局今回は購入せず。ただいま思案中(>_<)

HEROESでも、皆さんそれぞれの個別スケジュールがあります。

私達が使用している手帳と同じ意味を持つものではないかと思います。

スケジュールは、何をするかを明確にし、時間の流れを理解するために重要です。

ひとつの活動が終わる事は、次の活動への変化を意味する事となります。

スケジュールに沿って活動する事は、変化を理解する、ということに繋がっていく…。

つまり、変化や変更を伝える手段となります。

今日も皆さん、「おはようございます」と、次々に来所されます。

そして、それぞれに自分のスケジュールを確認して活動を開始されています。

今日も有意義な1日となりますように(*^^*)

スタッフ一同、頑張ります!

追伸

結局、来年も同じ手帳を買うことになりそうです(^^)

石田好美

続きを読む

2017年

12月

14日

西陣麦酒の飲める店~烏丸御池~

三条堺町にあるアポロプラスさん。
京都の自野菜や新鮮なお魚、美味しい料理と柚子無碍が楽しめるお店です。

https://www.apollo-plus.net/

HEROES事務所