西陣麦酒


タップルームの臨時休業について(5/21更新)

新型コロナウイルス感染拡大の状況等を踏まえ、タップルームの臨時休業を実施しております。

7月頃からの再開で調整をおこなっています。再開につきましては、あらためてお知らせいたします。

西陣麦酒計画

~自閉症の人とともに西陣麦酒を醸造・販売する

 プロジェクト~ http://nishijin-beer.com/


最新のブログ

2020年

6月

15日

はじめまして。上村です。

はじめまして。上村です。

私は、去年の七月に入職しました。もうすぐ、HEROESにきて一年になります。

初回ですので、自己紹介をしたいと思います。

好きなものは、旅行・おいしい物・Mr.Children・クレヨンしんちゃんです。

苦手なものは、幽霊・虫・動物・菌です。

私は少し潔癖なところがあります。普段は除菌ジェルを持ち歩いています。

忘れてしまったときはブルーな日を過ごすことになります。

また、日常生活において独自ルールが何かとあります。

それらを守れないこと、自分のペースを乱されることが苦手です。

家では何だかんだ理解し受け入れてくれています。そのため安心して生活できています。

職場でも皆さん気にしてくださいます。個性だと受け入れてくださいます。

このような環境で働くことができ良かったと思っています。

私も周りの人に一人でもよかったと思っていただけるように努めていきたいです。

 

上村

2020年

6月

15日

マンガで人生が変わる

『もやしもん』という発酵をテーマにしたマンガをご存じですか?

主人公に農大生の男の子がいるのですが、彼が「目に見えない微生物たち」が見える設定で、かわいらしくキャラクター化された「菌」たちが登場するあのマンガです。アニメ化、映画化もされているくらい人気の作品ですが、実は私がこの仕事をするきっかけになったのがこの漫画なのです。言い換えれば、私は「マンガで人生が変わった」といっても過言ではありません。

思い返せば5年前。元々は自宅の本棚に妻が持っていたマンガとして置かれていたのですが、何となく手に取り読み進めていくと、思いのほかその「もやしもんワールド」にハマ

ってしまいました。ストーリーの中身や展開自体も面白かったのですが、何よりもそのテーマにした「発酵文化」というものが、いかに人類の営みに影響を与えているのか、ということに気づくことになり、また感銘を受けました。特に「食文化」という所で考えても、味噌、醤油、みりん、酢、納豆、日本酒、焼酎、チーズ、ワイン、ビール、、、人々が生きていく中で必ず必要とするものはすべて「発酵」につながっていたんですね。

そこから、それまで特に料理などを自分から進んでするタイプではなかったのですが、夜中のキッチンでスーパーで買ってきた「米麹」をタッパーに入れて、塩を混ぜて、水を入れて、混ぜて…3日間ほど毎日混ぜてお世話をしていたのですが、最初あまりいい香りがしなくて「失敗したかな…?」と思いつつその後も混ぜ続けていると、気が付くととてもいい香りがするようになって、「発酵ってすごい!」と感動しました。

そこから自宅で味噌をはじめ、さまざまな発酵食品を手造りするようになり、そこから実際に製造されている蔵を訪ねてはお話を伺う中でさらにハマっていき…気が付くと仕事としてビールを造っていました。(この経緯をすべてお話しすると3日かかります笑)

先ほど「ビールを造る」と言いましたが、実際に「ビール」と呼ばれる液体を造り出しているのは、麦芽から造り出した糖を分解して、「アルコール」と「炭酸ガス」を生成している「ビール酵母」たちです。彼らなくしてビールは生まれません。我々がしているのは温度調整や、清潔さの保持、必要な栄養分の確保など、彼/彼女たちの食生活の環境を整備しているだけ、とも言えます。そんなフツーには「目に見えない」酵母たちに感謝をしつつ、これからもおいしいものづくりに取り組んでいきたいと思います。

2020年

4月

20日

日常

 

2020年度になりました。

HEROESは、新たに男性スタッフが2名入職しました!

そして、産休中のスタッフ谷口は無事に出産、母子共に健康、現在育休中です!

HEROESに関わる人が増えた事、嬉しい出来事です!

 一方、この間、私達を取り巻く環境は、日常ではなく非日常と思える事が増えてきました。

 

 日常とは、毎日繰り返される普段の生活。当たり前の毎日。

 非日常とは、当たり前ではないこと。だ、そうです。

 

 また今回、日常という言葉を調べ検索すると、新たに知ることがありました。

 「日常」という漫画、アニメーションがある事、です。

 その登場人物は、ひとりひとりが個性的でたくさんの名言があるそうです。

 その中の名言のひとつを紹介します。

 

「日々、私達の過ごしている日常は、実は奇跡の連続なのかも知れない。」

 

 今、私達が置かれている環境を思い、そうかも知れない、と感じました。

 

 私の日常は、月曜日から金曜日、HEROESで働く事です。

 そして週末は、家族や友人と過ごします。

 また、時には一人で、読書やぼんやりする時間も大切にしています。

 

 しかし、今現在、日常が非日常となる事が増えつつあります。

 スケジュールや活動の変更、キャンセルを伝える事が増えています。

 見通しの立たない事も多く、不安も大きいと感じています。

 たまに起こり得る非日常は、日常の中のちょっとした刺激になるかも知れないです。

 が、連続する非日常はストレスになるのではないでしょうか。

 変化を伝える時、改めて日々のスケジュールに沿って日常を過ごす支援を行っていた事。

 その事で、変化を伝える手立てがあった事は、少しでも見通しが持てる事に繋がったのではないかと感じています。

 

 HEROESでは、日々の状態やご様子をまず知ることを念頭に支援を行っています。

 日々の日常を知ることで、些細な変化の気付きに繋がると思います。

 身体や気分など、日常と異なる変化に気づく為には、何よりも日常を知る事が大前提です。

 

 今日があるから明日がある、日々前向きに過ごし、今の日常を安心して過ごせるように。

 再び、奇跡の連続の日常がくることを信じたいです。

 来年は満開の桜を、皆さんと共に楽しめる日常でありますように。

 

 2020年度も、よろしくお願い致します!

 

 

追伸

 「日常」のアニメーション制作は、京都アニメーションです。

 興味のある方、是非とも視聴してみて下さい。

 ちなみに、シュールな?アニメーションだそうです☆

 

 

石田好美

HEROES